マイクロ波デバイス設計の基礎について講演する.特に,講演者の専門分野である超伝導デバイスの中で,超伝導フィルタ,超伝導力学インダクタンス検出器,NMR用超伝導ピックアップコイル等の実例を挙げて,その基本的な設計方法,特にQ値の評価方法や高いQ値を得るためのポイントについて説明する.また,超伝導体を電磁界解析でモデル化する際に,高周波での損失をどのように取り扱うかについて詳しく説明する.


ランチョンセミナー

電磁界解析ソフトを用いた高周波帯超伝導デバイスの設計

~超伝導体をどのように取り扱うか~

齊藤 敦1
山形大学

本セミナーではマイクロ波デバイス設計の基礎について講演する.特に,講演者の専門分野である超伝導デバイスの中で,超伝導フィルタ,超伝導力学インダクタンス検出器,NMR用超伝導ピックアップコイル等の実例を挙げて,その基本的な設計方法,特にQ値の評価方法や高いQ値を得るためのポイントについて説明する.また,超伝導体を電磁界解析でモデル化する際に,高周波での損失をどのように取り扱うかについて詳しく説明する.

1

齊藤 敦 (さいとう あつし)

1999年 長岡技術科学大学エネルギー・環境工学博士課程修了 博士(工学). 山形大学大学院理工学研究科准教授. 2015年度応用物理学会超伝導分科会論文賞


講演スライド

このリンクから空メールを送ると 資料のURLを知らせるメールが届きます.
(このリンクはsubjectを"REQ_JSAP2017S",宛先を "info@sonnetsoftware.co.jp"として,メーラーを開きます)

試用版と入文書

←試用版と入門書ダウンロード

入門書に超伝導の例題あり↓

講演は終了しました↓

受講資格 : 第64回応用物理学会春季学術講演会参加者

費用 : 無料 お弁当付き

申込 : 主催者サイトで事前に申し込むか,当日キャンセル待ち.

日時 : 3月16日(木)12:15~13:00

会場 : パシフィコ横浜 会議センター4F Room414

主催者サイト : 第64回応用物理学会春季学術講演会 / ランチョンセミナー