ソネット技研と米国ソネット社の主要メンバーです

トップ/ 会社概要/ スタッフ紹介/

米国ソネット社 Sonnet Software Inc.


James C.Rautio

Keith Schroeder

Brien J.Rautio
社長です. ABSなどSonnetを特徴付けるアルゴリズムを開発しました. 電磁気学、物理学はもちろん、植物の種類や名前に異様に詳しいです. 地質学もかじっているらしいし、恐るべきことに、 漢字の意味を理解して日本語を読めます. 副社長です. Sonnetの実装、製品化、バグの追跡などの責任者です. また、ライセンスの発行システムなど社内IT構築も担当しています. アメリカが朝方の時間帯でも、電話にでます. この人がいつ寝ているのか謎です. 営業とマーケティング責任者ですが,開発もやります. たとえば, Sonnetの解析手法に特化したFFTの改良

ソネット技研 Sonnet Giken Co.,Ltd.



石飛 ワカツキ
営業と技術面のサポートの他、Sonnet技研のWebやIT系の設計保守もやります. といっても営業の訓練や教育は全くうけてないので いろいろな高周波用シミュレータを使った研究開発の経験に基づく 技術営業です. 見積、資料の送付、展示会の企画や準備渉外、 ライセンスの再発行など技術以外のサポート、 事務、経理、さらにはLiteユーザー向けのセミナー講師まで やります. 最近 ブログ 始めました.

ソネット技研 石飛 経歴

これまでに作った物と、使ったシミュレータを年代別に、 また主な本を紹介します. 石飛の得意分野がおわかりになると思います.

作った物

年代 作った物 使ったシミュレータ
1984頃 通信記録用テープレコーダー
当時は珍しかった半導体メモリへの音声記録再生システムとそれに伴う音声帯域のアンプ,フィルタ, 数百ゲートのTTLロジック回路
自作論理合成とか
音声フィルタ設計プログラムとか
1985〜1990頃 4GHzと12GHzのフロントエンド,低雑音アンプ,発振器,ミキサ,フィルタ,導波管変換器,それらの量産用検査システムとか CP/M上で動く回路シミュレータ(SPICEではない),自作の回路シミュレータ,
EEsof Touchstone,
オフセットパラボラアンテナのジオメトリを設計しメカCADに出力する自作プログラム
パッチアンテナの解析と最適化プログラム
アレイアンテナの照度分布と放射パターンの解析とか
アンテナ測定用暗室と測定システム,ステッピングモーターとPCとのインターフェースと制御プログラムとか
12GHzのパラボラアンテナ,
16x16パッチアンテナアレイ
1991〜2000頃 多層セラミック構造のフィルタ EESof Touchstone
HP HFSS,DCS,MDS
60GHz/77GHzのNRD構造のレーダー, 77GHzの測定治具
2.45GHzのチップアンテナ Sonnet
2001以後 Sonnetの営業を開始 Sonnet, AWR Microwave Office, Keysight ADS

読んだ本

K.C.Gupta, Ramesh Garg, Rakesh Chadha, "Computer-Aided Design of Microwave Circuits" Laurence W.Nagel, "SPICE2: a Computer Program to Simulate Semiconductor Circuits"
私は就職して直ぐ”これを読んで設計しろ”と言われましたが、 最近はいきなりシミュレータで最適化ですね. 非常に多くの形式のアンテナ設計を網羅した本. これを読んで16x16のパッチアンテナアレイを作りました. これを読みながらマイクロ波回路シミュレータを自作し, それを使って4GHzのアンプの意図しない発振を発見しました. SPICEの内部アルゴリズムの解説. 中身は学校で教わったことばかりでした. 学校での勉強だけで 現実の回路解析が可能なことに愕然としました.
P.P.シルベスタ, R.L.フェラーリ, "有限要素法による電磁界解析" Scott W.Wedge, Richard Compton, David Rutledge, "PUFF:Computer Aided Design for Microwave Integrated Circuits"
FEMの教科書.変な断面の線路インピーダンスを計算しようとFEMなシミュレータを作りました. マイクロ波回路シミュレータの中身に使われている ありとあらゆる変な断面の線路や、引回しの解析結果を紹介している本. マイクロ波の基本から解析手法までをコンパクトにまとめた 教育用シミュレータのマニュアル. あまりに良く書けているので翻訳しました. これを読めばとりあえずFDTD電磁界シミュレータが作れます.